Top >  Blog

Blog

派遣会社の存在価値と役割

2021/11/04

派遣会社の存在価値と役割

 

ネガティブに報道されることもある派遣会社

景気等の変動はあるものの現在も約140万人もの方が派遣と言う形態で勤務されており

引いた目で見れば一定の人数は常にこの形態で勤務されています

そもそも、働く人、派遣社員を受け入れる会社、そして派遣会社の3社にメリットがなければ

成り立たない仕組みです

そもそも派遣で働く方々は何を求めて派遣と言う形態で働かれているのでしょうか

 

*ほぼJOB型であることから職種を自らが選択でき、経験スキルを目的とする方には向いている

*1つの仕事に対する実務経験を1つの派遣会社に雇用されたまま(転職することなく)得ることができる

*メンバーシップ型を望まない方には向いている

*雇用主である派遣会社と雇用者である社員がある意味対等な関係で雇用契約を締結することができる

*なんらかのハンデ(学歴や年齢、経験、等々)により実力を発揮する場面が得にくい方の目的へのプロセスとして有効

 

そうです、派遣と言う制度は活用するものだと思います

活用次第で自らの目的には有効なシステムだと思っています

現に様々なアンケート調査に於いても派遣社員として働き続けたいと言う方は半数を超えてる場合が多いですね

そして派遣という働き方に限らず、どんな働き方であってもネガティブに見たり他責思考であったりすれば

デメリットやネガティブな話はいくらでも出てきます

 

当社の派遣事業である貿易事務専門の派遣紹介サービスもまさにコンセプトは派遣と言うシステムを活用する!です

一定期間、当社に雇用され続けながら、貿易の様々なカテゴリーの分野を経験し経験者となって自らの目指す形の

プロセスとする! 

スキルは会社ではなく自分に蓄積する! そのために当社を利用して欲しい! とお会いした方々には話をします

また当社へ面接でお会いする方の多くが、雇用形態ではなく***の業務ができるか!が最重要だとお話しされます

 

そして世の中も確実にJOB型への移行が進みつつあり組織への依存がもはや一番の不安定だ!と言う考え方も

増えてきましたね

 

様々な雇用形態はいい悪いではなく自らの目的に沿って選択し活用する!そんな働き方が一般的だという

環境になりつつあるのではないでしょうか

 

ーー

株式会社ソリューションアンドパートナーズ キャリア創造事業

International career center

 

 


思った通りにはならないが、やった通りになる!

2021/11/04

思った通りにはならないけど、やった通りになる!

 

なんでも思った通りになる!なんてことは、ほぼありません

想定外の事や想像と違う結果はよくあります

でもそれらは、ほぼ自分に原因があり何かが抜けていたから、

何かを忘れていたから、何かを想定していなかったから、

そして量が少なかっから、、、

 

それらの行動の結果が結果だと考えています

結果には必ず原因があり、結果が思い通りではなければ

原因を追求し行動を変える!

当たり前と言えば当たり前の話ですが、他責にしたり

環境にしたりしてしまいがちですね

そして一番多いのが行動量の少なさと情熱の少なさのような気がします!

皆さんはいかがでしょうか

一度見直す機会は大事ですね

 

ご参考: ビジネスモデル×行動×情熱=ビジネスの結果

    (掛け算なのでどれかがゼロなら結果もゼロ)

 

ーー

ビジネスを通じて面白いを作る

株式会社ソリューションアンドパートナーズ

https://www.sap-c.co.jp

人材ビジネス専門コンサルティング

https://www.sap-c.co.jp/bx

貿易事務キャリア創造

http://www.icc-career.com

 


ワーケーション

2021/10/29

毎日、同じ環境で、同じ人達と、同じ事をして、同じものを見ていたら

同じものしか見えない!

見るもの、聞くもの、感じるものが同じなら思考も同じ

 

毎日の延長線上ではない事を考えたい時は環境を変えて

目にするもの、話をする人、時間、行動を変えるのが効果的ではないでしょうか!?

 

大前研一さん曰く、人間が変われる方法は次の3つしかない

*住む場所を変える

*付き合う人を変える

*時間配分を変える

変わろう!と決意することほど無駄なことはないと!

 

考えたいことがたくさんあり今日は岐阜の山奥でワーケーション!

本当に静かです(^ ^)

素敵な思考に出会える予感です!

 

ーーー

ビジネスを通じて楽しいを創造する

株式会社ソリューションアンドパトナーズ

 

 


鏡に映る自分が自分より先に笑うことはない!

2021/10/19

鏡に映る自分が自分より先に笑うことはない!

鏡に映る自分が笑うのは、自分が笑って初めて笑います

当然なんですが、自分から!を例えた言葉ですね

 

相手に本音を言って欲しければ自分から本音で話す

胸筋を開いたMTGがしたければ自分から胸筋を開く

挨拶して欲しければ自分から挨拶する

教えて欲しければ自分からお願いする

理解して欲しければ相手のことを考えて伝える

指示を聞いて欲しければ相手の状況を前提に指示をする

共有したければ相手にわかるように共有する・・・

 

自分は何もしないで、また自分の都合でのみ、相手に伝える、動かす、理解してもらう・・・

なんてあり得ませんね

利害関係者なら相手は、そのように振る舞うけど本音は別!

組織であろうが個人でろうが、動くのは人間です

 

大人の対応!って良い言いますが、大人の世界はそういうものって

誰が決めたんでしょうね!?

 

周りの人は自分の鏡とはほんとその通りですだと思います

 

ーーー

ビジネスを通じて楽しいを作る会社

株式会社ソリューションアンドパートナーズ

https://www.sap-c.co.jp

 


行動するには強制的環境を自分で作る

2021/10/18

人間はもともと変化を望まない動物で、環境を変えるのが嫌いな動物です

でも、世の中は変わります

自分以外の環境はすごいスピードで変わります

それについて行くためには…

そしてさらに前に行くためには…!

 

子供の頃や、従来型の会社組織では変化をある意味強制的に実施されます

勉強や、研修、人事異動や組織改変…

これらに遭遇した時、多くに人は心配になったり、不安になってり、はたまた

思い描く結果を得るために策を練ったりします

でもこれらは他人から与えられるものであり、ある意味他人の都合の良いものも多く

決して自発的ではありませんし、多くの人が満足することもありません

 

これを自発的に変えれたらいいですよね

でも人間って弱い! 

なので、自分で強制的にやらないといけない環境を作ります

何かを捨てたり、何かをやめたり

最初は怖いですが、やってみると意外とどうにかなります

それどころか、自分のポジティブな姿に近づく事が多いです

期限を決めて、何かを捨てる、そしてその捨てた空間を埋めるために

頑張る!

ポイントは、それを自分で決めることです!

真空の法則のようにそこには新しいもの入るようになっています!

 

ーーー

ビジネスを通じて楽しいを作る会社

株式会社ソリューションアンドパートナーズ

https://www.sap-c.co.jp

 


忙しい人ほど時間がある!

2021/10/15

予定のない週末

ゆっくり起きて、なんとなくテレビを見ていたら気がつけばお昼

お昼ご飯食べて、掃除と洗濯だけして映画でも見ていたらもう夜!

もう1日が終わる!

誰しもが1度や2度は経験したことがある休日だと思います

仕事ではすべき事が沢山あり週末くらいは・・・

 

この休日のやったことは、仕事の日に置き換えたらおそらく午前中どころか1〜2時間で終わる

まだまだ、時間はたっぷりありますし、これで1日過ごしたら会社に怒られてしまいますねw

 

でも週末のような時間の使い方を仕事でもしている人って意外と多いです

TO DOと時間を明確にしていないと、なんとなく会社へ行ってなんとなくやることこなす!

誰かと会話し、MTGに出て1日終わり・・・ 途中なんとなく席でPCの前でネットサーフィンして・・

思い当たりませんか?

で、こんな方ほどAPOの依頼や仕事の依頼に対して忙しい!って単語よく使いますね

 

TO DOだけじゃなくて、その時間も事前に決めて1日を過ごせば、想像の何倍も時間ができ、仕事が捗ることに驚きます

そして責任と権限の高い方ほど予定は今日明日ではなく来週、来月、再来月・・・と先の予定が入っています

スケジュールを見ればその方の仕事に対する視線や能力がわかりますね!

 

ーーー

ビジネスを通じて楽しいを作る会社

株式会社ソリューションアンドパートナーズ

https://www.sap-c.co.jp


マウントをとるって!?

2021/10/14

マウントをとる… 意識、無意識問わずよく見かけますね

 

様々な心理が働いてのことだと思いますが、ある著名人の言葉です

「パートナーとして選ぶ時の判断基準にマウントを取ろうしない人」

感情的なものは別にして、その理由は、

マウントを取る人はマウントを取れる人しか付き合わないし付き合えない

だからそれ以上の発展も見込まれない!

とのこと

分かりやすく言えばイエスマンを周りに置きたがる感じでしょうか

少し会話をすればすぐに見透かされてしまいますね

実は自分の弱さを露呈しているように思います

男性に多いと思う立場や権力の比べ合い!

少しわかる人から見れば、丁寧に見下ろされている場合が多いんですよね

個人的な言葉で言えば「かっこよくない」でしょうか!

無意識も多いので気をつけたいですね

 

ーーー

ビジネスを通じて楽しいを作る会社 

株式会社ソリューションアンドパートナーズ

https://www.sap-c.co.jp


会社・組織・上司は活用するもの 本当の働き方改革って!?

2021/10/13

会社、組織、上司と社員の関係

 

昭和的?感覚では、社員からしてみれば上の存在でありいわゆる上下関係だと

考えられる場合が多いですが、その意識は大きく変わってるし変えるべきだと思っています

 

社員は、自分のやりたいこと! 成し遂げたいこと! なりたい自分!の為に活用するものだと

その為に会社員の立場、組織の力、上司の知識、など自分でないものを活用し自分の目的の

為に活用する!

ですので、間違っても依存することなく、役割の違いである意味パートナー的関係だと思います

パートナーですので双方にメリットを生む必要がありますね

 

ドライに聞こえる方もいらっしゃるかと思いますが、もはやそんな時代になっていると思います

当社に求人応募で来られる方でも、いわゆる意識高い系の方ほど雇用形態や目先の給与等に

こだわりはなく、どんな仕事ができるか! その仕事が自分の為になるか! それが自分の目的への

プロセスになるか! そんな思考で就職活動をされ面接に来られます

 

目線や意識が変われば行動も景色も当然結果も変わります

視点を変えて物事を見てみると同じものを見ても違うものに見えてきますね!

このような変化が本当の働き方改革ではないでしょうか!

 

ーーー

株式会社 自分創造

貿易事務キャリア創造サービス http://www.icc-career.com


何かを得るためには何かを捨てる!

2021/10/06

断捨離という言葉が以前に流行りました

何歳になっても新しい事を取り入れたり勉強したり経験したりすることが健全です!

日本人の大人になってからは勉強量は先進国でも最低レベルなどという話も

ありますが、人生100年となった今、ライフシフトの回数は増えますし世の中の変化スピードも

とてつもなく早くなっています

 

でも、時間は有限です

過去に経験したこと、既にできることを安定的に続けていれば時間は足りなくなります

ある有名な方の言葉ですが、既に経験済みのことは例えそれが楽しくても強制的に辞める!

そしてその空いた時間を次の何かに使う!

まさに共感です

できること、できたこと、経験した事を続けていたら確かに安定はするし、楽でもあります

でも、成長はなくなります

 

新しいものを得るためには何かを捨てる!

 

こんな思考が必要なのではないでしょうか! 

 

ーー

ビジネスを通じて楽しいを作る会社

株式会社ソリューションアンドパートナーズ

https://www.sap-c.co.jp

 


ヘルパーズハイ

2021/09/30

ヘルパーズハイという言葉をご存知でしょうか?

ランナーズハイという言葉はマラソンなどでよく使われますが、

人間は、本能的に誰かを助けたり、役に立ったりすることで

ドーパミンが分泌され幸せを感じるらいしいです!

 

アメリカのある研究室が長年かけて世界中の様々な職業についている人の

幸福度を調査した結果、満足度の高い職業は収入や地位、名誉などとの

因果関係は見られず、直接人を助けることで助ける実感が出やすい職業だったとか

 

例えば医者、介護、弁護士、レスキュー、・・今で言うエッシェンシャルワーカーが多いとの結果だそうです

どのような職業であってもその取り組み、認識、目的は様々ですので一概には言えませんが

少なくとも一般的に言われる収入等との因果関係はありません。

もちろん収入もその一つですが、その収入を使って何をするかでしょうか

世界の成功者達が大きな資産を手に入れた後、寄付やボランティア、財団などで

社会貢献するのもその現れのような気もします

 

目的と手段を取り違えてしまうと例え経済的に成功しても幸せにはならないんでしょうね

アメリカの宝くじ当選者の大半が数年後には破産したり、資産があっても心が満たされなかったり・・・

 

人間は感情の動物!とはよく言ったものですね

 

ーーー

ビジネスを通じて楽しいを作る会社 株式会社ソリューションアンドパートナーズ

https://www.sap-c.co.jp

 


« 前のページ - 次のページ »

お問い合わせ