Top >  Blog

Blog

バイアス 恐るべし

2021/02/03

バイアス・・・知らず知らずの思い込み。

 

良くありますね。

 

例えば今でも日本人に根強く残る「貯金神話」

 

いい歳なんだから貯金していかないと!ってやつです。

 

これは、先日中にその戦費を国が賄うために国民に貯金させ集まったお金を戦費にしたとか。

 

その為の国の国策。 貯金は金融機関にお金を貸している!ってことですので。

 

20~30年前まで郵便貯金と称して小学生にも集金の様に口座を作らせ学校へお金持って行かされてましたね( T_T)\

 

さて、当社が関わりの深い人材派遣も同じ様なことがあります。

 

報道などでは、非正規=派遣! 派遣=悪!という報道。

 

実は、派遣社員は全ての労働者のたった2.58%に過ぎません。

 

さらに、いわゆる非正規と言われる従業員の中でも6.93%しかいないんです。

 

*数字は2021年12月 総務省労働力調査より

 

大半はパートアルバイト・契約社員です。

 

その是非・賛否は別にして多くの人はそんな少ないの!というイメージではないでしょうか。

 

明らかに偏って報道ですね。

 

 

人材派遣の制度は活用法によっては、使う側も働く側もメリットはたくさんありますし、そのメリットを最大限活用して

 

働く方々もたくさんおられます。

 

つまり、マッチしているかどうかが1番の課題です。 正社員を望まない方もたくさんおられます。

 

当社では、人材の採用が必要になって時に、派遣活用はコストが合わず、もしくは社風に合わずなどの企業様への

 

サービスとして、人材ビジネスの採用ノウハウを提供する採用の代行サービスを提供しています。

 

ご興味ございましたら是非ご覧くださいませ(^_−)−☆

 

詳細はこちらから→ https://www.sap-c.co.jp/rpo

 

 

 

 

 

 


見てるのに見えないもの

2021/02/02

 

 

見てるのに見えないもの

 

多くの人は、毎日色んな情報を目にし、いろんな景色や光景を見て、いろんな人と会話をし、時には うわさ話を聞くこともあります。

 

世の中の情報の95%は誰でも知ることができる!とも言います。

 

つまり、沢山の情報も自分の課題を意識していなければ、見えていないんです。

 

もちろん物理的には見えています。

 

その道のプロの方が寝ても覚めてもそのことを考えていると言います。

 

そうすると、その考えていることのヒントがいろんな情報、景色、会話・・・などから気づきがあったり繋がったりします。

 

 

課題だけじゃなくて人でも同じです。

 

好きな人がその方をずっと見ていれば、趣味や思考や行動など見えてきます。

 

そして少しの変化にも気が付きますよね。

 

でもそうじゃない方は合っていてもそれらには気が付きません。

 

 

全てのことは教えてくれませんし、話してもくれません。

 

でもその一部分は無数にあるんですね。ネットの中にも会話の中にも行動の中にも。

 

営業職なんてまさに同じですね。

 

どうしても契約したい企業があればその企業を見る、聞く! そしてその情報を繋げる。

 

相手がわかって初めて提案です。初めて自分をアピールできます。

 

真剣に見てみましょう!

 

今の情報社会では見たいものは概ね全部見れると言っても過言ではないかもしれません。

 

 

*当社の事業の1つである人材ビジネスコンサルティング 業界関連の様々な報道をUPしたTwitterもあります

 しかしこれらの報道、ニュースも課題を持ってみている方とそうでない方とでは得られる情報は100倍以上ですね。

 こちらからご覧ください    https://twitter.com/sapconsultig

 

 

 

 

 

 

 

 


時間がない!?

2021/02/01

パーキンソンの法則

 

「仕事の量は与えられた時間を満たすまで膨張する」

 

忙しい人ほど時間があり、そうでない人ほど時間がないとも言われますね。

 

ある仕事で、期日が3日あれば3日かかり、期日が1日であれば1日でできる。

 

先日ある会話をします。

 

***はどうなった?

 

はい。・・・・・までで大丈夫ですので間に合うように対応します。

 

その方なりのスケジュールやペースがあるのかもしれませんが、ギリギリまでかける必要があるのか?

 

かけないとできないのか?

 

早くやればこんなメリットがあるのに。

 

いろんな思いが駆け巡ります。

 

ーー

 

また多くの企業で行われている各種の定例会議。

 

会議前に急に間に合わせるようにする光景。それまでは放置なのに。

 

会議が月2回なら倍のスピードで進む!?

 

ーー

 

時間は有限で限りあるのものです。早く済ませれば良いものではないですが、適切な時間設定やその必要性への理解は重要ですね。

 

時間ができたら!  落ち着いたら!  では永遠に始まりませんね。

 

またその時間間隔には個人差がありコミュニケーションのトラブルにもなります。

 

適切な期日や進歩状況の確認共有は仕事進める上で必要不可欠ですね。

 

まとめると適切な期日、計画確認を含めた指示が大事なんですね。

 

 

⭐️営業マンが後回しにする新規営業架電代行サービス http://www.sap-c.co.jp/rma

 

 

 

 

 


どうしたら良いですか?より どちらにしましょうか?

2021/01/28

 

企業経営者や組織の長は日々様々な相談、判断そして決断が必要です。

 

そしてメンバーからは、判断してくれない、どうしたら良いかわからない、指示がない・・・などネガティブなお話を耳にすることも大きいですね。

 

判断や決断には当然、責任を伴います。

責任を取りたくない、自己保身思考は誰にでもあります。上も下もその思考がある場合は物事は前に進みませんね。

 

これは、人間の本能的なもので、脳の構造もそのようになっているらしいです。

自己防衛本能ですね。

 

しかし、選択は得意なんです!

 

判断が必要になる場面で、「***の件 こんな状況です。どうすればいいですか?」と相談するのではなく

「***の件 こんな状況です。Aの対応とBの対応があると思いますがAの対応をしようと思っています。いかがでしょうか?」

そうすると、概ねAやBの対応について様々な意見が出たり、話がスムーズに進んだりすることが多くなります。

 

仕事以外でも同じですね。

 

今日は何を食べようか? より、焼肉とパスタどっがいい?の方がスムーズなんです。

比較対象が明確になるとヒトは逆に様々な意見を言いたくなるんです。

上司のいる方は是非お試しください。

 

上司のいない方、経営者の方は意識的にそのような方や機会を作ることをお勧めします。

経営者は孤独!とよく言われるゆえんかもしれません。

 

弊社の行うコンサルティングはそんな要素も取り入れています。

弊社の提供する人材ビジネス経営コンサルティング 現在 無料WEBコンサル受付中です!

 

詳細はこちおらからご覧ください! https://www.sap-c.co.jp/bx

 

 


1番の安定を獲得する方法

2021/01/26

将来が不安だ。 安定が欲しい!と言う言葉をよく耳にします。

 

「あなたは何ができる人?」 「あなたの専門は何?」 「あなたは何屋さん?」

 

もちろんどんな会社に勤務しているかではありません。

あなた個人のスキル、経験、能力です。

私のできる仕事は部長職です!なんて言う笑い話も昔はありましたね。

つまり、個人にスキルを持たず他人(会社や組織、上司など)に依存している限り永遠に不安です。

 

会社も組織も上司も日々変化しますしそこで働く人の環境も変化します。

一方、人は一人でできることは小さいなものです。

たくさんの人が関わって初めてできることばかりです。

 

つまり、依存ではなく共存ではないでしょうか。自立した人同士が協力し合い共存する。

自立した人であることが大前提で依存した他責思考の方々には永遠と安定は訪れません。

会社や組織を含め他人に依存せず共存する。そのために自らのスキルを会社に貯めるのではなく

自分に貯める。 そして会社がどうなろうが失うことは絶対にありません。

 

まさに、株式会社JIBUN(自分)のなくならない資産(商品)です。

 

経営には企業や事業の経営と自分の経営があります。 サラリーマンも主婦もみんな経営者です。

なんの商品もサービスもない株式会社JIBUN(自分)と誰が取引するのでしょうか。

 

当社の運営するInternational career centerは貿易事務という専門職を海外と関わりたい、グローバルな仕事につきたい

個人のスキルを身につけたい! そんな皆様を派遣という精度を活用し支援させて頂いております。

受け入れる企業もこんな目的を持った人材です。仕事への思考もポジティブな人材集団です。

批判的な意見もある人材派遣ですがこのような活用が本質ではないでしょうか。

こんな世の中にようやくなってきましたね。

 

もっと大きく言えば信用ですね。 信用は換金できる貯金箱なんですね^ ^

 

 

弊社運営 貿易事務専門人材サービス International career center

 

詳細はこちらからご覧ください(求職者様) →http://www.icc-career.com

(貿易関係企業様)→https://www.sap-c.co.jp/icc

 

 

 

 

 

 

 

 

 


成長する条件の1つ

2021/01/25

 

成長する条件の1つと言われるのが「素直」です。

聞く耳がある!とも言えるかもしれません。

誰しも思考には癖があったり、そこに感情や好み、エゴそして過去の経験も加わります。

また本能的に変われない生き物でもあります。(ご参照: ヒトや会社が変われない理由

 

成長することは変わること、進化することですので相当意識し、ある意味強制的な環境も必要です。

特に過去の成功体験や現状への満足などはそれを阻害してしまいますね。

変わる必要がない理由を探すのは人間得意ですので。

 

そして情報も氾濫しています。本当の情報もフェイクも誘導する表現も。

情報リテラシーが求められます。

 

これらが重なり合ってややもすれば残念な方向へ進んでしまうとこがよくあります。

一番怖いのがそれに概ね気が付かないと言うことです。

 

たくさんの仲間、関わる方々、関係する方々、家族などのお話は意識してまず聞く!こちが大事なのではないでしょうか。

世界的なスポーツ選手でも成功者もメンターやアドバイザーを持つのもそんな理由ですね。

 

弊社の事業の1つであります人材ビジネスコンサルティングもそのような役割を果たせたらとの思いで

「楽しいを応援できて楽しい」を念頭に運営しております。

 

詳細はこちらから→ http://www.sap-c.co.jp/bx

 

弊社の設立時からの事業ですが、聞く耳!と言う点で外部の力を借りると言う思考を持たれた時点ですでに

成長する条件の1つである素直!は持ち合わされているのですね。

 

 

 

 

 


リアルとバーチャル

2021/01/21

技術の進歩で生活様式が大きく進化しその進化は今後更に加速することは言うまでもないですね。

 

電車より安い無人電気自動車のタクシー(タクシーと呼ぶべきか!?)

リニアより早い高速移動鉄道(鉄道と呼ぶべきか!?)

空中で移動するモビリティー

・・・

 

会社に依存しない働き方

各種手続き、手数料の無料化

物から体験が商品

業界分類のシャッフル

・・・・

 

5Gから2025年には6G、2030年には7G・・・

 

でも、人間の本質的な欲求の根本は太古の昔から変わりません。

 

リモートが進んでも人と人があって時間を楽しみたい。

ネットで完結できても話をしたい。

高速で移動できても、ゆったり移動する時間を楽しみたい。

自動運転でも運転の快感を楽しみたい。

スキンシップが欲しい。

・・・

 

リアルとバーチャルの共存です。

 

現在の企業における営業活動に置き換えれば、様々なMA(マーケティングオートメーション)技術によるツールが活況で

更に拡大することが予想されます。

しかし、最後は人と人が商談、後押しはパーソナリティーや会話も。

 

営業部門と呼ばれていたものが、マーケティング部門とリアル営業部門に。

ただツールや手段が進化するだけで。

売るのも買うのもやはり人です。

 

進化するMA、しかしリアルの入り口である電話(会話)は有効です。

本格的な商談の入り口への誘導。

コールセンターの役割は今後更に拡大するのではないでしょうか!

 

弊社の営業架電、コールセンターサービスはこちらからどうぞ(^_−)−☆

http://www.sap-c.co.jp/rma

 

 


不本意型人材派遣

2021/01/20

人材派遣への賛否 特に否は話題にされて久しいです。

誇張した内容や間違った報道も散見しますが様々な意見は必要だと思います。

 

その中で人材派遣を活用する立場の皆さまへフォーカスした内容で書かせていただきます。

 

一口に派遣と言っても受け入れる側(派遣先)にもその目的は様々です。

 

*雇用リスクの回避

*期間限定業務に対応するため

*トータル人件費コストの削減

*自社では集められないため

*専門スキル者の確保

*採用プロセスのアウトソーシング

*採用の時間的メリット

*採用ノウハウの活用

*その他

 

これらの中で、懸念となるのが、上記の自社では集められないから!という活用理由です。

その多くが自社採用がいいが集まらないので止むを得ずの派遣活用。

コスト高認識もあるため自社で採用できたら派遣契約は終了というもので、まさに不本意型の派遣活用です。

 

そもそも派遣活用でそのメリット(派遣社員のメリットも含め)を出せる業種、職種、コスト感等はあります。

しかし背に腹は変えられずの派遣受け入れ。

ここに様々な問題が発生する要因の1つになっているのではいでしょうか。

 

*コストが合わないので派遣社員にしわ寄せがいき結果低賃金

*社員が採用できたから契約終了

*いつ契約が終了するか分からないので教育も最低レベル 

*派遣先による派遣社員引き抜き      など

 

上記活用目的にもある

 

*採用プロセスのアウトソーシング

*採用の時間的メリット

*採用ノウハウの活用

 

などは、派遣というシステムを使わずとも有料職業紹介や採用代行(RPO)などのサービス活用が適しています。

ただ昨今では中小小企業事業者を中心に有料職業紹介の手数料感も折り合いがつかず断念されているとのお話もよく耳にします。

高額なので結果ハードルが上がり採用できないなども。

 

当社でもサービス提供の1つとさせていただいている採用代行(RPO)は採用に関するプロセス、作業、ノウハウだけを代行するサービスですのでこのような企業には最も適しているのではないでしょうか。

もはや大手企業だけのサービスではなく中小小規模事業向けのサービスもたくさん出てきています。

 

是非ご活用をお勧め致します。  宣伝をさせて頂きますと弊社サービスはこちらです(^_−)−☆  http://www.sap-c.co.jp/rpo

 

何れにしても状況、目的に応じたサービスの選択が必要ですね。

 

 

 


ヒューマンエラーとシステムエラー

2021/01/20

 

仕事にトラブル(エラー)は付き物です。

「絶対に失敗しない方法は何もしないこと」 なんて言葉もあるくらいです。

特に新しいビジネスなどチャレンジをした時などは尚更です。

 

さてエラーが起きたとき。

 

なぜ間違えたんだ! 誰が間違えたんだ! 気を付けろ! 前も同じ間違いをしたじゃないか!

 

それに対して

 

パターン① 自責 (すみません。今後気をつけます! 注意して行います! 等)

パターン②   他責 (***さんの指示です。***が来ないので。業務量が多すぎます! 等)

 

よく見る光景だと思います。

 

一定レベルの意識は業務上必要です。

しかし気合と根性だけではエラーは削減できません。 人は間違えるものです。

そして得意不得意、体調、モチベーションなど様々な要因が影響します。

 

まずはシステムエラーを疑い、改善することが大事だと思います。

犯人探しにはあまり意味はありません。犯人探しよりシステムエラー探しです。

 

組織も同じですね。

「組織は戦略に従う」という言葉があります。

「適材適所」という言葉もよく使われます。

 

世の中は変わる。マーケットも変わる。商材も変わる。マーケティングも変わる。 しかし組織も人も変わらないのはエラーです。

組織の変化が会社の成長の証と言っても過言ではないと思います。

 

しかし変えるとエラーが発生します。

こんなエラーも人よりもシステムを疑いましょう!

 

様々なルール、規定、そして日本人が得意な明文化されない暗黙のルールもですね。

 

政治不審と言われて久しいですが、政府や国会も同じですね。

 

「絶対に失敗しない方法は何もしないこと」 でも失敗しないと進化もないし生きていけないんですよね。

 

何もしないことは大失敗なんですね。


仕事と作業

2021/01/19

織田信長の言葉にこんなものが残っています。

 

「仕事は自分で探して創り出すものだ。与えられた仕事だけをやるのは雑兵だ。」

 

ヨーロッパのことわざには、

 

「食うために働くな! 働くために食え!」

 

 

今、正に働き方改革や、メンバーシップ型からジョブ型、そしてこのコロナ禍では常識とされていたことも変化していますが、

 

変わり続けるものと、変わらぬ本質があるように思います。

 

作業と仕事

 

作業とは指示されたことを確実にこなすこと。仕事は自ら考え創造しその達成感を味わうこと。

 

これは当社がテーマとしている「楽しいを作る」と同じ考え方です。 まさにプライスレスです。

 

作業日報なるものはありますが、仕事日報は聞いたことがないのもそのためでしょうか!?

 

技術に進化で作業は減り仕事は増えることは明らかです。

 

作業と仕事を意識して、今日は何の仕事をしたか! 明日はどんな仕事をするのか!と考えるだけでも大きな差が生まれるのでは

 

ないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


« 前のページ - 次のページ »

お問い合わせ