Top >  Blog

Blog

働かないおじさん

2021/06/25

リーモートワークの普及も後押ししてクロージアップされている働かないおじさん

仕事柄、様々な企業で見かけます

働かないのか、働けないのか、能力が無い中、働く気がないのか、様々なパターンはあると思います

真面目なタイプの方は、心を病んでしまう人も多いようです

 

また、若い人の給与が上がらないのもまた働かない給与の高いおじさんが原因の一つであることも否定できません

他方、時代が産んだ被害者という見方もあります

若い頃は安い賃金でこき使われ、年齢と共に出世すれば楽になりそして給与も上がる!

そんな環境で育ち、目指してきた・・けどここにきて時代が変わったっても・・

何か、年金の制度と似てるような気もします

人口増加を前提とした年金制度と 

でも、現実は変わりません

生活もあるんだ!という声も聞こえてきそうですが、嘆いているよりも自分が変わることを目指すべきだと

時代は戻らないんですからね

 

最近もある会議に参加ししたときに見かけた光景

若い社員に詰め寄られる上司! あなたは何をするんですか?って

そして、あの高い給与をなんとかしてくれと!

変わる時代にいかに変化するか! 生物が生き続ける原理原則ですね

強いものが生き残るのではなく、変化するものが生き残るという あれです

人も、会社も、家族も、みんな同じですね!

ーーー

給料があがらないのは「無能をクビに出来ない」から? ひろゆき氏発言に賛否両論 

ーーー

楽しいを作る会社 ソリューションアンドパートナーズ


流れない水は腐ってしまう!

2021/06/23

水は上から下へ流れます

流れて動くから浄化されるので綺麗で澄んでいます

湖も同じで風や生物や自然現象などで動いています

完全に止まってしまうと腐ってしまうんです

 

これ組織も同じで毎日決まった時間に同じ人と同じ場所で同じ事を繰り返す・・・

もし会社全体がそうだったらその会社は完全に衰退しますね

でも往々にして人は変化が嫌いです

組織に石を投げて波紋を作る! こんな人が必要です

さらに世の中が変化した今は尚更です

組織内にいる人は分からなくなってしまいます

組織内が全て! まさに村社会ですね

そして当事者は頭では分かっていてもなかなか行動できないのも現実

当社のコンサルティングサービスはこんな池に石を投げて

波紋を生み出す! そんな役目も重要だと思っています

 

株式会社ソリューションアンドパートナーズ

人材ビジネス専門コンサルティング


カーネギーvsアドラー

2021/06/10

多くのビジネスマンが一度は読んだことのあるD.カーネギー「人を動かす」という書籍

まさに本質を捉え今なお多くの多くのビジネスマンが参考にする超有名な本ですね

 

他方、こちらも「嫌われる勇気」で一躍有名になってアドラー アドラー心理学とも言われ

頭を殴られたような衝撃を受ける人間の本質が書かれた本です

 

しかしこの両巨塔の言っていることに1つ異なることがあります

カーネギーは、「人を褒めよう」と言います

褒められるという欲求は人間の持つ食欲や性欲、睡眠欲に匹敵する本能で、それをダイレクトに刺激することによって

褒められた人は精一杯活躍する!というものです

 

他方 アドラーは「人を褒めてはいけない」と言います 文章だけではまるで真逆

むやむに褒める事により人間の持つ承認欲求に刺激を与え、そもそもの目的が承認欲求を満たす為に

行動をするようになり、まさに承認欲求の奴隷となるからだと言います

 

さて、どうなんでしょうか?

そのシュチュエーションによって使い分けるが一番有効のような気がします。

カーネギーは概ねビジネスにおいてその組織を如何に動かすか!に論点をおいています

アドラーは人としての生き方、考え方に論点をおいています

ですので、ビジネスの場で教科書のように全てアドラー思考としてしまい、私の課題じゃない!なんて言い放って

しまいますと特に日本企業ではおかしな空気になることもあるのではないでしょうか

また褒め方にもよるようにも思います

 

何れにしても、褒めすぎではなく、ここぞというときだけ褒める!とかビジネス環境や相手によって使い分けるとか・・・

そんな使い方が有効のような気がしますが、いかがでしょうか?

何れにしても考え方を大きく変えれる本質をついた書籍ですのでもしまだ読まれていなければ是非一読をお勧め致します

 

楽しい創造企業 株式会社ソリューションアンドパートナーズ

 

 


進むBPR(Business Process Re-Engineering)

2021/06/08

長引くコロナ禍は時代の変化を強制的に進めています

企業が進めるBPR(Business Process Re-Engineering)

取り分けいわゆるホワイトカラー系の変化は顕著です

 

従来製造業を中心としてきた日本は製造に関する運営ノウハウは世界レベルでも進んでいます

しかし、ホワイトカラー系は先進国の中でも下位に甘んじています

その中で、今回のコロナ禍がその進化、変化を強制的に後押ししているのではいでしょうか

 

*営業スタイルの変化

*ホワイトカラー系業務のオペレーションの変化

*雇用スタイルの変化

*生活スタイルの変化による各種行動変化

*購買行動の変化

*価値観の変化

 

その中で様々な、オペレーション変化により各種アウトソーシング、BPOが急速に進んでいます

営業架電やコールセンター 、採用業務等々、DX化も加わり様々な変化が当社へのご相談からもうかがえます

 

■採用業務代行(RPO)サービス

■各種コールセンター ・CRMセンター

■貿易事務専門人材派遣

■人材ビジネス専門コンサルティング

 

急速なスピードで増える企業の早期退職制度活用も構造改革意思の現れではないでしょうか

ご参考:東京商工リサーチ

⭐️本件お問合せ


元気・勇気を与えるってまさにこのこと!

2021/06/07

USLPGA 全米女子オープンで、

日本人同士がプレイオフを行い

笹生優花プロが優勝! プレイオフの相手は畑岡奈紗プロ

今年のマスターズ 松山英樹プロに続く偉業

少し前まではまるで記念受験のようだったメジャーが今では・・・

まさに元気と勇気を与える!とはこのことだと!

暗いニュースが多い中 朝から元気になりました!!!

ありがとうございます!

USLPGA

 


最初は どの会社に就職する?

2021/06/04

就職、仕事に対する思考の変化

一昔前までは、学生の就職活同、交わす会話は、

「どの会社に就職するの?」 でした

でも今は、「最初はどの会社に就職するの?」 です

今の20代前半の方々の育った時代背景、雇用環境も影響しています

1つの会社で!なんていう思考もそもそもないし、会社が作るレールに乗るとか

会社に頼るなどという思考もない

自分でキャリアを考え、ステップを考え、そのためにはまず***そして次は***という

思考です

 

また昨今の企業動向においても早期退職の募集が激増しています

(ご参考:東京商工リサーチ)

これはコロナ禍による事業縮小もありますが、多くは時代の変化に合わせた企業の

構造改革が目的です

時代の急激な変化に企業は対応しようとしているのです

当然個人も思考を変えなければなりません

時代が変わり、企業が変わり、個人だけが旧来型の企業に頼る思考のままであれば

大変なことになりますね

 

自分のキャリアは自分で決める! その為に必要な仕事につき経験をし自分のキャリアにしていく

完全にそんな時代です リモート勤務の急増がさらに後押ししていますね!

 

弊社キャリア創造事業 International career center https://icc-sap.com

テーマは 株式会社「自分」創造です!

 

 


自責と他責

2021/06/01

よく聞く会話

 

■俺は**してるのに上司が聞かない。失敗は俺の責任じゃない!

■うちの社員はできるやつがいないんだよ! みんな指示待ちで!

■決めたことを上はすぐ変えるんだ! 意味ないよ!

 

これらの会話、全部他責ですね

昔から、他人は自分の鏡と言われます

周りにいる人は自分の鏡とも

また、不都合なことが起きた原因は全部他人が原因でしょうか?

上司が違った判断をしたとしましょう

その判断材料を適切に提供していたのでしょうか?

絶対に違う間違いを提言したのでしょうか?

理由を聞いたのでしょうか?

上の判断だからしょうがないとの理由で部下に下ろしてないでしょうか?

 

また判断の視点は上司と部下では違います

一般的には目先と中長期の違い

他部署、他事業への影響

会社としてのポリシー、思想・・・

自分の視点だけで見ていないでしょうか?

そしてみんな人間です エゴもあります

それも考えたのでしょうか?

 

何れにしても他責思考で解決することは何もありません

一番問題なのは、自分の思考が他責になっていることに気が付いていないことです

 

歩き始めた赤ちゃんが、何かにけつまずいて転んだ時にけつまずいたものの責任にするでしょうか?

また起き上がって歩き始めますね!

 

ビジネスを通じて楽しいを作る会社 株式会社ソリューションアンドパートナーズ

 

 

 


書籍紹介 世界一やさしいやりたいことに見つけ方

2021/05/28

書籍紹介

 

世界一やさしい「やりたいことの」見つけ方

八木仁平 著

Amazon

 

なかなか面白いです!

年齢に関係なく「やりたいこと」がわからない

好きなことなのか? でも仕事としては?とか・・・

自分探しの旅なんてのも前には言われましたが

 

いわゆる自分の棚卸しをロジックとして行え、自分のやりたいことが見つけられるという!

 

好きなことを仕事にするのではなく、

自分の価値観×才能(能力)×好きなこと 

それぞれを鋭い質問であぶり出す

是非おすすめです!

 

 


理想の上司・リーダー

2021/05/27

理想の上司は? 

よく芸能人でランキングが発表されたりしますが、これは出演したドラマなんかの

影響やイメージ選考でしょうか

 

■老子の言葉です

 

最も最低なリーダーは

部下からバカにされるリーダー

 

その上は

部下から恐れられるリーダー

 

その上は

部下から尊敬されるリーダー

 

最も優れたリーダーは

部下から存在をあまり意識されないリーダー

滅多に口を挟まず上手くいけば自分たちでやったと思わせる!

 

ーーーーー

意識されないリーダー!

誤解なきように、何もしないリーダーという意味ではないと思います

尊敬もされていて、遠くから見守る!

そして成功には賞賛を贈る! 

そのためには、常に状況も把握し必要に応じて見えないところで動くリーダー

そういう意味だと思います

 

皆さんのリーダーは如何ですか?

 

楽しい創造企業 株式会社ソリューションアンドパートナーズ

 


人口減少でも日本の雇用者数は増加しています!

2021/05/26

日本の人口減少は2011年から始まりました

今では日本人人口は毎年50万人近く減っています

外国人の方もおられますので総人口30万人弱減り続けています

 

コロナ禍で一時的に雇用問題が発生してはいるものの

いわゆる人手不足状態は継続して続いています

 

しかし、

 

雇用者数は増えています!

総務省 労働労働力調査によりますと

データにある2013年平均と直近との主な比較は以下の通りです

 

*雇用者数 2013年平均 5,566万人  2021年3月 5,967万人(400万人増)

 

また度々報道される非正規社員率は 2013年平均 36.6%に対し 2021年3月も36.6%と変化ありません

 

*年齢別(2012年平均と2021年3月比較)

 15~24歳   472万人→527万人(55万人増加)

 25~34歳  1,122万人→1050万人(72万人減少)

 35~44歳  1,406万人→1,226万人(180万人減少)

 44~55歳  1,208万人→1,474万人(266万人増加)

 55~64歳   982万人→1,056万人(74万人増加)

 65歳以上     376万人→633万人(257万人増加)

 

国の施作や労働人口の年齢構成等の変化もあるものの雇用者数が増えているとは

一般的な感覚とは相違があるのでないでしょうか

 

その他正規非正規率×年齢など様々あると思いますが、

採用に関して再考の材料になるのではないでしょうか

 

詳細は総務省 こちらよりご確認ください 

 

人材ビジネス専門コンサルティング https://www.sap-c.co.jp/bx

RPO(採用代行サービス) https://www.sap-c.co.jp/rpo

 


« 前のページ - 次のページ »

お問い合わせ