Top >  Blog

Blog

多くの人は空白、空欄、空っぽが嫌い!

2021/05/25

多くの人は空白や空欄、空っぽが嫌いです

 

コンビニでカゴを持つ場合は多くが、ついでの買い物をします

空間を埋めようとします

カゴにコーヒー1本だけを入れることはありません

なので、カゴを手にしてもらうことは販売の常套手段です

 

また営業のクライアントも同じです

1割のクライアントがなくなれば一定期間で他のクライアントが入ります

企業成長の為の手法として意図的に行う会社も多いですね

 

時間も同じです

パーキンソンの法則というものです

1時間でできる仕事でも時間が5時間あると5時間かけてこなします

 

ファイルでもリストでも空白、空いてるところがないと次に入りません

領収書でパンパンの財布がよくないと言われるのもそうでしょうか!?

予定のないカレンダー あまり望んでないことでも予定を入れようとしてしまいますね

 

空白を作ってもっと素敵なものを入れるという手法

様々なビジネスに応用できそうです

人間は埋めようとするんですよね!

 

余白は必要ですが空白はダメなんですね

 

潜在意識は健在意識の300倍の力!

 

人材ビジネス専門コンサルティング https://www.sap-c.co.jp/bx/


環境変わればビジネスもかえる 社内もかえる

2021/05/20

言うまでもなく世の中は劇的に変わりました

 

K字回復に表されるるように追随できる会社とそうでない会社

ビジネスもオペレーションも変えなければなりません

しかし、旧来型のビジネスが一気にゼロにはなりませんし明日の飯も必要です

 

社内の組織は大きく2つに分けれますね

現行ビジネスと新しいビジネス

 

■現行ビジネス

MINの組織/できる限りのDX化/深堀戦略/ルーティーン型人材

■新しいビジネス

いわゆる異端児的人材/ダイバーシティー組織/強メンタル/楽しむ思考

 

明日、なくなるわけではない現行ビジネスにしがみついてしまうのが

多くの会社であり、その組織に安住したいのが多くの社員です

そして転職希望者も増加しています 優秀な社員から・・・

 

今まさに大きなチャンスですね! 会社も個人も!

 

楽しいを作る会社 株式会社ソリューションアンドパートナーズ https://www.sap-c.co.jp/

キャリア創造事業 International career center

 


リクルートHD決算から見る業界トレンド

2021/05/19

どの業界でも同じですが、業界のリーダー企業の動向は業界全体の状況を

見る有効な材料です

 

今回は発表された人材ビジネス業界の巨人リクルートHDの決算から

ビジネスは、人材ビジネスを中心に多岐に渡りますが

このコロナ禍でもFY2021の売上は▲5.4%程度です

詳細はこちらから

 

決算よりもやはり今期の見通しです

なんと今年FY2022見込は、レンジですが、107~114%増

額にして約1,800億〜2,600億円増!

すごい数字ですね

 

その中で特質すべき分野はHR-TEC分野です

FY2020見込は140%〜150%増 

額にして約1,800億円〜2,300億円増!

しかもFY2021はコロナ禍でもわずか▲0.4%減でほぼ維持ですので

純粋に伸びる!ってことですね

グループ全体の拡大幅の大半ですね!

その事業の大半を占めるのがindeedですね

 

一方、大きな売上の割合を占める人材派遣は、現状維持予想です

また、旧来型の求人媒体等は107〜114%増を見込むものの

FY2021は30%以上下がっていますのでコロナ前には戻りません

 

ではこの中で人材派遣会社はどのような戦略で戦うか!

HR TECの自前開発は中小派遣会社では現実的ではありません

巨人が伸びないんだからやむを得ないとするか

ただ現状維持も時代が進む中では困難!?

時代の変化はすごいです!

今こそビジネスモデルの再考の時ではないでしょうか!?

 

人材ビジネス専門コンサルティング https://www.sap-c.co.jp/bx/

 

 


転職意識高まる!?

2021/05/18

今、コロナ禍で転職意識高まる!?

 

一般的なイメージでは、何も今転職しなくても・・・という空気もありますが

実は、意識高い系の方ほど転職意識が高まっているとか

 

コロナ禍で良くも悪くもビジネス環境は大きく変化しました

そして過去に戻ることはありません

また、このコロナ禍は、様々なものを浮き彫りにします

企業体質、人の本質や本音、実力・・・

そして買われる企業と買われない企業に大きく分かれます

経営者の思考であったり企業カルチャーであったり

今の企業業績に関わらず世の中が変わっている中で企業が変わらないのは後退を意味します

しかし買われない会社

こんな会社に将来性を見出せなくなり、意識高い系社員であればあるほど見限る人が増えているように思います。

こんな報道も・・・

約8割がコロナ禍の状況下で「転職意欲が向上」

 

そして採用にも影響しますね

業績だけでなく、人材までも・・・

常に進化する企業でありたいですね

 

楽しい創造企業 株式会社ソリューションアンドパートナーズ


K字型回復

2021/05/18

最近ニュースなどでよく聞かれるK字型の業績回復

以前はV字回復だ!とよく言われました

このK字型回復とは、ご存知の通り回復する業種と更に業績を落とす業種

はたまた、同じ業種業態でも回復企業とそうでない企業に分かれて

回復するという意味ですね

 

大きな打撃を受けた旅行業界

今旅行なんて! ましてや海外旅行なんてないですよね

先日のニュースでもありましたが、大手旅行代理店がワクチン摂取の

会場設営を請負活躍しているとか

つまり業種業態業界の概念ではなく、社内にあるノウハウを生かせる場所を

探す! 確かに団体旅行のノウハウなど会場運営と共通するものがありますね

 

エアラインなんかも同じです

旅客は大幅な回復が見込めません

ビジネスしかり旅行しかり

でも、以前から航行貨物はその役割としてあるんですね

人が動かなくなれば更に物が動くようになる!

座席シートを外して貨物機へ!

ワクチンも飛行機が運んでますね

航空貨物のスペースは逼迫してその価格は急上昇しています

 

どこの会社も様々なノウハウを持っています

それをどこに使うか!ではないでしょうか?

 

今後も拡大が想定される航空貨物の輸出入

当社ではこの貿易にかかる専門事務業務である貿易事務での

キャリア創造事業を行っています!

International career center https://www.sap-c.co.jp/icc

求人はこちらから受付中です! https://icc-sap.com

 

 


うまくいかない時は必ず原因がある

2021/05/13

ビジネスでもプライベートでも人間関係でもスポーツでもうまくいかない時は

必ず原因があります

うまくいく事には偶然もありますが、うまくいかない時は原因が必ずあると思っています

そして、その原因は自らにある場合いが大半ですね

 

ビジネスで言えば偶然うまくいく場合は必ずしも喜ばしいものでもありません

進化は変化を遅らせる原因にもなり得るからです

しかも続かないですしね

変えたくない、新たな努力をしたくない、過去の成功体験が抜けない・・・

 

スポーツでは自分では気が付かない原因が多いですね

なので一流になればなるほど優秀なコーチが必要なんでしょう

 

偶然を願いながら続けるのはビジネスでは特に難しいですね

原因を追及して改善したり、全くリニュアルしたり、場合によっては新しいビジネスへ移行したり

原因の追及!

聞けば当たり前の話ですが、実は置き去りにされている場合が多いです

 

当社のコンサルティング事業もある意味コーチ業と似ています

自らは気が付かない、もしくは気が付いてはいるが変えられない、どう変えればいいのか・・

人材ビジネス専門コンサルティングサービス https://www.sap-c.co.jp/bx/

そしてキャリア創造事業も個人向けではあるものの同じ意味合いが含まれています

世界に繋がる仕事 あなたの答えが今ココに http://www.icc-career.com

 

 

 

 

 


更に変化する採用手法  HR-TECvs日雇派遣!? 

2021/05/12

コロナ禍で一気にスケールしたギグワーカーと言う働き方

Uber eatsでしょ!と言われる方も多いですが、一般的な概念は

WEBのプラットフォームを活用し好きな時に好きな時間にある業務を行い雇用ではなく

発注者と受注者の契約を結んだ働き方でしょうか

有名になったUber eatsだけではなく、副業の拡大などで耳にするようになった

「スキマ時間の活用」と言う言葉に関連する様々なHR TECの活用によるサービスもたくさん生まれています

この分野、従来はアルバイトや日雇い派遣、日々紹介などで行われていた分野です

テクノロジーの進化でもはや、仲介する派遣、紹介会社は不要? 

そして派遣・紹介といういわば長く働いてほしいという仲介会社の思惑と生産性を高めてコスト削減を

目指す使用者との利害関係の不一致?

などなど、まさに、HR-TEC vs 日雇い派遣・日々紹介の図式でしょうか

更にアルバイト採用でも、その為の求人広告掲載も厳しい環境ですね

環境はどんどん変化します

当社の採用代行サービスはそんな皆様へ最適な採用手法をご提供致します

SAP-RPOサービス https://www.sap-c.co.jp/rpo/


共同幻想  売上の壁? 社員数の壁?

2021/05/07

共同幻想という言葉があります

 

様々な表現はありますが、ある方によるとこの共同幻想ができるようになったのが

数ある地球上の生物で人間が最も繁栄できた理由の1つとか

 

簡単に言いますと、何か基準や目的、思想等を自ら決める事ができる

そしてそれを共有して目指す事ができるというもの

 

例えば、お金! これだけの価値があると決めてそれを価値の基準とする

国の概念! この国はこのエリアで統治はこうでそこに住む人は***人だ

我々が向かう方向はこっちだ! などなど

 

そう言えば動物は、本能の中でこれらを行っていますが、自ら何かを決めて進んで行くって

無いように思います

猿の群れはボスザルを頂点に子孫繁栄の為の多数のメスとそれに服従するその他のオスで

成り立っていますが、この群れが100頭を超えることはないそうです

理由は、その必要がないからです

 

こんな話を聞いたときに浮かんだのが会社の組織やガバナンスです

よく10億の壁とか社員数30人の壁とか様々な数字で表現されます

これって、ボスである 社長、創業者が本能だけで、私欲だけで運営する結果のような気もします

一定以上の規模になったら、社是や理念などを作る会社も多いですね

今風に言うと、ミッションやバリューでしょうか

そしてこれらの目的を達成するために、共感する人々が集まり同じ方向へ進んでいく!

これって確実に進化だと思いますね

逆に言えば進化した世の中では、これらがないと会社経営なんてどんどん難しくなるような気がしますね

目的が社長の私利私欲やその家族の繁栄とか・・・ ないですよね

また、体裁のための社会貢献!なんてのもどこかの国会議員の演説のようです

 

共同幻想・・・奥深い言葉です

 

楽しいを作る会社 株式会社ソリューションアンドパートナーズ

 

 

 

 


変わらない部下…考えない部下

2021/04/30

変わらない部下に苦労してます…  意見のない部下に苦労してます…

ついつい感情的に…

マネージャーから よく聞くお話ですね

 

人を変えよう!と思うことはそもそもどうかとは思いますが、

変わらない理由は、本人が変わる必要がないと考えているからで

更に、人から変われ!と言われると更に変わりたくなくなりますね

 

変わるとは、考えが変わりそれが行動に移らなければ意味がありません

本人がそう思わない限り変わりません

人が変わるには3つ!

 

①人と話との会話や本などからインプットがあった時

②体感した時

③集団圧力

 

③はさておき、 人と話したり、自分が体感し、自分が変えよう!と思わない限り変わりません

またタイプにより①と②は分かれますね

言葉で分かるタイプと失敗しないと分からないタイプです

タイプによって使い分けて見る必要がありますね

 

また考えない部下 意見のない部下

これも似ていて、考える必要がない、意見をいう必要がないと考えているのではないでしょうか

つまり、上司には既に答えがあって、それ以外は却下!という事がバレているのではないでしょうか

無意識でそうしているかもしれませんね

まさに、原因は自分にある!というやつです

 

こんな事を書きながらも当社も完全ではありません 常に意識しながら考えながら運営しています

仲間を信頼し仲間のことを考える!

当社の事業の1つであるコンサル事業でもクライアント企業の社員様との関係でも全く同じ事が言えます

こんな思考でサービス提供させて頂いております!

 

人材時ビジネス専門コンサルティング https://www.sap-c.co.jp/bx


この仕事は向いていない??

2021/04/28

この仕事、私には向いていない?と考えた時

 

こんな言葉を聞いた時に多くの人が思うのは

嫌になったんじゃないの? 人間関係? なんかあったの?・・・です

この仕事じゃなく この会社に不向き?

確かに向き不向きはあると思います

また あえて書けば能力やスキルもあるとは思いますが

そこは少なくとも入社されているので、そこはクリアーとして書いてみました

 

考えて欲しいことは、今の仕事で平均以上の結果や成果を出しましたか?ってことです

 

もしそうでなければ、もしくはそこまでの期間にも達していないのであれば

多くの人が思う、ネガティブな原因を否定するために作った理由の可能性があるように思います

 

向いている向いていないとは、ある程度の必要な期間、真剣に努力して取り組んで

初めて分かることだと思いますし、一定レベルの結果を出してそれ以上突き抜ける時に初めて

向き不向きって出てくるものだと思うんです

 

一定レベルの成果を出した方であればポジティブな転職になる可能性が高いですが

そうでなければ多くが次の会社でも同様の過程でまた転職を繰り返すという残念な結果に

なる可能性が高くなる事が多いです

転職がネガティブでは決してないです   むしろ成長のない仕事を長年続けるのはどうかとも思います

成長には必要な手段の1つだと思います

中退ではなく卒業と言えるポジティブな転職や起業を是非目指して頂きたいですね

 

ビジネスを通じて楽しいを作る会社 株式会社ソリューションアンドパートナーズ

キャリア創造事業 International career center

 

 


« 前のページ - 次のページ »

お問い合わせ