Top >  Blog

Blog

相対的思考と絶対的思考

2021/04/20

相対的思考と絶対的思考

 

多くの人が相対的思考ですね 特に日本では

全ての基準を他人と比較しての思考です

あの人より給与が高い あの人よりは良い家に住んでいる あの人よりは良い服を着ている あの人より役職が上・・・

また、辛い時でもあの人よりはまだましだ あの人の方がもっと大変だ ・・・

 

大昔からある国の統治に使われる身分制度も同じです

ピンチの人々が増えてしまうと反乱がおきます なので更に下を作るんですね

人間関係でもよく似ていますね

 

これきっと自己防衛という人間の本能のような気がします

安心させる 言い訳を作る まだ大丈夫だ 

 

必ずしも否定するべき思考ではありませんが、日々耳にすることが多い 

あの人は***なのに私は***だ! という話

公平であるべきだとは思いますが、素敵な人はほぼ口にしませんし意識もしていません

自分軸なんですね

 

自分が納得したものであればOK! PROと言われる方はこんな思考の方が多いですね

他人から見れば素敵でも自分は納得できない はたまたその逆も

 

ザ・自分軸思考

 

ややもすれば変な人!などと言われることもありますが、多くの人が憧れる成功者って

そもそも一部の人です

ってことは人とは違うんですよね

その根幹にあるものはやはり、「思考」だと思います

 

正解不正解はありませんが、やはり自分軸で思考する方が幸せのようがしませんか

 

当社で勤務する貿易事務というお仕事 専門職です

こんな自分軸の方が多いですね International career center

 


情報は読むもの!その為の条件は!?

2021/04/15

よく企業の決算書は見るものじゃなくて読むものと言われます

売上がいくら 利益がいくらだけでなく

列挙された数字からその企業内部の状況、経営者の考え方、方針などを読み取る

その為には、その企業が行っている事業環境や業界、組織のあり方などを知っている必要があります

そうすると数字から様々なことが読み取れます

 

インターネットの普及などで誰もが膨大な情報を得ることができます

しかし、インターネットの特徴に1つに検索!という作業が必要です

知りたい情報がないと検索できません

そしてそこから得た情報をどう読むか!

同じ情報を見ても、ある人は大きな気付きを得たり、考えに確信を持てたりしますが

素通りする人もいます

情報を読む為には、条件があるんですね

 

そのことについて日々考えていること

そして、聞く耳を持っていることです

 

これがなければとてつもない情報でも何の価値もありませんね

 

ある方の格言です

 

豚に歌を教えようとするな

時間の無駄であり、豚も迷惑だ!

 

他人を変えようなんて思うな!という例えでもありますが

素直な聞く耳を持っていない人の成長は止まってしまいますね

 

常になし得たいことについて考え、素直な気持ちで情報を得る

これ、成長するための絶対条件の1つだと思います

 

当社の目指す「楽しいを作る」ための様々な事業でも

これらの思考がなければその目的を達成することは難しいですね

考え方一つで世界は変わります!

 

株式会社ソリューションアンドパートナーズ

https://www.sap-c.co.jp

 

 

 

 


仕事の本質

2021/04/14

100年以上前の求人広告です

 

求む隊員

至難の旅 わずかな報酬 極寒 絶えざる危険 暗黒の日々

生還の保証なし 

成功の暁には名誉と賞賛を得る

 

今見れば一見 やばそーな求人に見えますが当時数千人の応募があったとか

 

現在の就職に関する希望や思考は多岐に渡ります

将来性、人間関係、給与など待遇、雇用形態、勤務地、勤務時間、休日、昇給、転勤、部署移動、企業規模

仕事内容、スキルの必要性、成長報酬、経験報酬、老後、信用性、定年、安定性・・・

 

仕事に対する思考も千差万別

ライスワーク思考もあればライフワーク思考も

金銭報酬もあれば成長報酬や経験報酬、はたまた立地的報酬なども様々です

正解なんてありません

 

でも表記の求人に応募が殺到した理由は、多くの方が望む金銭的報酬でもなく環境でもなく

ただ一つ、人としての誇りと満足感!を得られる!

これにつきます

そして様々な要因で仕事に対する希望はあれど人間が本来、求めているものがここにあるからだと思います

 

現実は・・・との声が聞こえてきそうですが、少なくともこの要素は外さないことがその第一歩なのではないでしょうか

求職者、転職希望者の皆さんの話を伺うと様々なお話はありますが、この要素不足で大半が整理できるような

気がします

 

当社も、人間の本能であるこれら要素を「楽しいを作る」というテーマに置き換えビジネスを通じて

提供し続けて参ります!

株式会社ソリューションアンドパートナーズ https://www.sap-c.co.jp

 


ロジックVS感情

2021/04/13

ロジックか? 感情か? どちらを優先するか? 的なお話があります

 

まずビジネスです

ビジネスは以下のような掛け算だと思います 

 

ビジネスモデル✖️情熱✖️行動=成果

 

足し算ではなく掛け算ですので、どれかがゼロであれば成果はゼロになります

表題の、ロジックか感情かですが、ここでいえば

ビジネスモデルというロジックと、情熱という感情です

 

様々な考え方はあるものの感情は活用するものだと考えます

ビジネスモデルというロジックに情熱という感情を乗せて内外に伝える

この2つが噛み合って初めて伝わると思います

ですのでロジックだけでもなく感情だけでもないということですね

ただいわゆる感情の暴走ですが、感情が前に出てしますとうまくいきませんね

 

最後に大事な行動ですが、ここもなかなかハードルは高いです

人間は今やっている事を変えたくないという本能があるからです

ですので、行動に移す架け橋で重要なのが仕組み化です

ハードルを下げた結果的に行動となる仕組みを構築することが必須です

 

まとめますと、

考え抜いたビジネスモデルに情熱を持って世の中、そしてチームに伝える

そして行動できるような仕組みを作り継続して回せるようになって初めて成果に結びつく

そんなイメージですね

複雑に絡み合った3つの関係を整理されることは成果への近道になるのではないでしょうか

 

トラブルなども全く同じです

多くのトラブルはこの感情が暴走することにより起こります

ロジックに感情を乗せ手当し、今後再度起こらないように仕組み化した内容で行動に移すことが重要ですね

 

弊社のコンサル事業もこのような思考の中で運営させて頂いております

株式会社ソリューションアンドパートナーズ

人材ビジネス専門コンサルティング https://www.sap-c.co.jp/bx

 

 

 

 

 

 


松山英樹プロ マスターズ制覇!

2021/04/12

今日は何といっても松山英樹プロのマスターズ優勝につきますね

とてつもない偉業です

ここ最近はあまり調子が出ていないように思えましたがここにきて

 

以前、あるテレビ番組で自分の部屋の壁を全て緑にしてマスターズに見立て生活している映像を思い出しました

子供の時から毎日毎日この目標に向けて全ての時間を費やして過ごしてきた

ゴルフの才能は当然ですが、世界中からとてつもない選手が集まるPGAツアー

その頂点に立つマスターズ

 

テレビに釘つけになる中で、ゴルフが上手い、才能がある、夢中で追いかけてきた など

これらだけではなく並外れた人格が必須だと改めて感じました

こんな人は仮に違う道へ進んでも必ず成功するんだとも

並外れた努力ができる才能! これこそが最高の才能だと

それがたまたまゴルフだったんだと

成し遂げることの大きさは人それぞれですが、誰にでも当てはまるものだとも思います

それぞれの世界の中で最高の努力をする

例えそれに才能がなくてもまた違う道で成功できる

 

そんな毎日を過ごしたいですね

 

努力できる才能! 最高の才能です! 本当に素敵です!

 

人数制限されたとはいえ、これだけのパトロンがいる中で

聞こえるのは鳥の囀りだけ

プレーヤーもパトロンも人格者であることが求められますね

 

 

 


非連続的成長

2021/04/09

て非連続的成長  

反対後は連続的成長です

 

連続的成長とは毎日の業務を繰り返し経験や知識を得て積み上げながら成長していく成長

成長カーブで言うとなだらかに右肩あがりです

 

他方、非連続的成長

こちらは、連続した日々の業務の中で、あるきっかけで視点を変えてみるた気付き

それを行動に移した結果、強烈な勢いで成長すると言うものです

 

企業でも個人でも急成長する場合は後者の非連続的成長があります

 

このあるきっかけ!とは

ある方の言葉 アドバイス 出会い 読んだ本 セミナー などなど 何らかの情報を得たときに

ふと気付くものです

でもこれには2つ条件があります

ひとつは常にそのことを真剣に考えていること

考えていないと何も気が付かないんですね

もうひとつは気付いたことを行動に移すことです

これもまた重要で、よくある話が、セミナーなどでいい話を聞けた! すごいなあ!と感心してそれで終了!と言うやつです

感心しただけでは当然何も変わらないですね

 

セミナー何度に行く意識高い系の人は1000人に100人、その100人の中で行動に移す人は10人 

そしてそれを続ける人は1人いるかいないか

意識高い系の人でも気づきを行動し続ける人は1000人に1人

 

当社の人材ビジネスコンサル事業はそんな方が1人でも増える事を真剣に願っています!

人材ビジネスコンサルティング https://www.sap-c.co.jp/bx/

 

 

 


仕事の報酬

2021/04/08

仕事の報酬

 

一般的にはいわゆる給与や賞与など金銭的な報酬ですね

でも実態は概ね3つあると考えています

 

①感情報酬

②成長報酬

③金銭報酬

の3つです 

 

①感情報酬

達成感や存在感ですね 昇格や任せられた!という満足感など

②成長報酬

仕事によって成長できる仕事 成長の実感 個人スキルの向上や経験、体験なども

③金銭報酬

もちろん給与や賞与 昇給 インセンティブなど

 

ややもすれば③の金銭報酬のみに目が行きがちですが実はそうでは無いと思います

また、どんどん 成長報酬 金銭報酬がクローズアップされつつあるようにも思います

 

成長報酬を優先順位の1位にして就職活動する方!増えてますね

将来への架け橋はこっちの方が大事なんですね

会社やビジネスの寿命が年々も近くなり変化のスピードが速くなった今では

実は②や①の方が安定につながるんですね

誰も奪うことのできないプライスレスなものだからです

 

また多くの会社が給与が極端に低い!ということはもうありません 多少の違いです

スキルと比較して極端に高額であれば逆に怪しいとさえ感じます

もちろん生活に必要な収入はマストですがそれだけでは・・・

 

感情報酬も大事です

1日の大半を費やす仕事です

ここに楽しさややりがいなどが無いと残念なウィークディをすごし続けることになります

 

これら3つのバランス、そして各々みなさんの価値観を加味して選択すべきだと思います

 

金銭報酬は仕事をされるわけですので当然ですが、成長報酬、感情報酬を大事にすることを

強くお勧めいたします

当社はそれらを大事に考え事業を展開しております

株式会社ソリューションアンドパートナーズ

楽しいを作る会社です(^_−)−☆ https://www.sap-c.co.jp

 

 

 

 

 

 


リクルート創業者 江副さん

2021/04/06

江副浩正さん

 

言わずと知れたリクルートの創業者です

最近、江副さんの本を書いた本が売れているようですが彼が残した当時の言葉を紹介したいと思います

時代は違えど今でもうなずける内容です

ご参考に!

 

▼晩年に遺した「マネージャーに贈る20章」

 

<第1章>
マネジメントの才能は、幸いにも音楽や絵画とは違って、生まれながらのものではない。経営の才は、後天的に習得するものである。それも99%意欲と努力の産物である。
その証拠に、10代の優れた音楽家はいても、20代の優れた経営者はいない。

<第2章>
マネージャーに要求される仕事には、際限がない。より高い効果を上げるマネージャーは、要求されている様々な仕事のうち、一番大事なことから手がける。仕事を受付順に勧めるような人は、優れたマネージャーとは言えない。
目の前にある仕事の中で、一番大切なものは何かをいつも考えていなければならない。

<第3章>
社内にしか人間関係を持たないマネージャーがいる。こういう人が会社を動かそうとするようでは、会社はいずれ滅んでゆく。
会社もまた、社会の一組織体であるから、社外の人々と良い関係を保つことが不可欠である。

<第4章>
上の方で決まったことをそのままメンバーに事務的に伝えるマネージャーは、メンバーからの信頼と支持は得られない。経営の方針や義務のルールは、マネージャー自身がまず自らのものとしなければならない。そのためには、疑問などがあれば十分解決しておくこと。
その上で、自らの方針、考え方を交えて、メンバーに向かうことが大切である。

<第5章>
メンバーをよく理解しようとすることもマネージャーにとって大切なことである。それよりもっと大切なことは、マネージャー自身の方針、考え方、人格までもメンバーに理解させることである。マネージャーとメンバーとのよい人間関係は、深い相互理解から生まれる。

<第6章>
優れたマネージャーは、人に協力を求める時、”彼との個人的な親しさ”によってではなく、”仕事を良いものにするためには誰に頼むのがベストであるか”という観点からこれを行う。
誰とでも一緒に仕事ができるようにならなければならない。

<第7章>
マネジメントに携わる人は、2つ以上のことを同時に進められる人でなければならない。ひとつの仕事に熱中している時は、他の仕事に手がつかない、といったタイプの人はスペシャリスト向きで、マネージャーには向かない。

<第8章>
「1,000人分のパーティの招待者宛名を書き上げ、発送するのに、ひとりでやれば10日は必要。10人でやれば何日かかるか?」算数では答えは1日だが、経営の現場では10人でやっても10日かかることもある。
人が増える時には、手順を変えるなり、仕事のしくみを変えてゆく必要がある。

<第9章>
会議の目的がわからなくて、会議の能率を下げる人がいる。この会議を何のために開いているのか、自分の役割は何か、どのように勧めれば会議が効率的になるか、マネージャーはこれらのことをよく把握する必要がある。
会議の効率を上げる人と、下げる人では、マネジメントにおいて大きな開きがある。

<第10章>
マネージャーの任務は高い業績を上げることにある。そのために、メンバーを動かす権限が与えられている。仕事を離れたところでマネージャーが権限を行使することは許されない。

<第11章>
経営者が数字に弱ければ、会社は潰れる。仕事への熱意は十分あっても、数字に弱い人は
優れたマネージャーとは言えない。

<第12章>
マネージャーには、コンピュータという有能な部下を使いこなす能力が必要である。コンピュータを駆使して仕事を効率的にすすめるためには、コンピュータに関する知識・技能を自らのものとし、同時に日常的に自分自身の手で動かしていなければならない。
コンピュータを使えない人は、いずれマネジメントの一員にとどまれなくなる

 

ーーー

新入社員に向けた言葉/入社式

 

12カ条

 

1 新しいものはそれだけで目を引く それだけで大きなチャンスだ。

2 学校で学んだ事は一旦棚上げし、いたるところで先生をみつける。

3 1日も早くなくてはならぬ人になってほしい。

4 目標を大きく持て 人はその掲げる目標までしか伸びない

5 今日できる事は明日に伸ばすな

6 上司先輩の話は鵜呑みにするな

7 一番大事なのは健康管理

8 企業に於いて失敗は成功の母

9 外メシ、外酒を心がけよ

10 気の合った人達だけとの丸い付き合いでは成長はない

11 失敗したり落胆しても大事なのはそれを希望に奮起に変えること

12 情報に対する感性を鋭く 

 

その他、リクルートには数々の言葉がありますね

その中でも、「仕事の報酬は仕事!」 この言葉大好きです!

やはり素敵な会社ですね!

 

目指すところは違えど人に関するビジネスも多い当社も少しは近づきたいですね

https://www.sap-c.cp.jp

 


民主主義と専制主義

2021/04/05

民主主義と専制主義

 

どちらが良い悪いの話ではありません

ある意味一長一短あり考え方も様々ですがその一例として最近思うこと

 

民主主義・・・リーダー達は必要に応じて変わってゆくけど国や組織は継続的に続く

専制主義・・・リーダー達が変わる時は国や組織自体もなくなり新たなものになる

 

一長一短ある証拠に、

表向き民主主義、***は専制主義 

***は専制主義、***は民主主義 など、MIXした国や組織が多数です

 

国も会社も組織もよく似ていると思います

日本でも中小企業でオーナー企業は概ね実態は専制主義!でも大義は民主主義が大きですね

スピードと公平を両立したいということですね

大企業でも大前提は民主主義、でも実態は・・・の企業も多数

でも何かを突き詰めるといつも矛盾が生じてしまします

それぞれの長所が失われかねません

 

最良はどこにあるんだろう!?

 

その中でリクルートという会社

最近読んだ本、「起業の天才 ジェフ・ベソスはこのヤバい日本人の部下だった」という創業者の江副さんを書いた本にも

ありましたが、カルチャーを残すという考え方

これすごい!

創業者が去ってもその思考は永遠と続いてゆく

しかも自立した人の集団だ!

社員個人一人一人は専制主義で組織としては民主主義

 

リモートワークが進む中、自然とこんな会社は増えるのかもしれません

自立した社員や信用関係がないとRWはうまくいかない場合が多いので

やはり今回のコロナ禍はいろんなものを浮き彫りにしますね

 

当社の考える「株式会社自分!」という考え方に似ている? 知らず知らずのうちに影響されている?

当社の貿易事務にフォーカスしたキャリア創造事業はそんな考えのもと運営しています

http://www.icc-career.com

 

 

 

 

 

 

 

 


バランス

2021/04/02

バランスが大事! はたまたバランスが良ければ特徴もない!など様々言われますが

ここでは人間関係と商売などの取引関係について書きたいと思います

 

結論、揉める時など残念な結果になるのはバランスが崩れた時です

難しい話ではありません

 

人間関係のバランスとは、

「おはよう!」に対して「無言!」

「***さん!」に対して「無言!」

「メール送信」に対してリターンなし

「わかりました!」に対してそのまま放置

聞いたことに対して答えない

時間を守らない 約束を破る

紹介したのに結果も伝えない ・・・

 

実は全て小学校低学年で教えられることばかりです

子供の時はできていてもなぜか大人になるとできないことってたくさんありますね

 

また成長という側面でもよく言われるのが

一方がどんどん成長して、他方が現状維持 そうなると成長した人はそうでない人と目線も思考も

違ってきてしい継続した関係は難しくなりますね

**さんは変わってしまった!ってやつです

 

取引どうしでも同じです 共に成長してゆかなければなりません

 

まずは、意識すればだれでもできる

「約束を守る」

「もらったものは返す」

ここから意識して実行すれば気がつけば環境が変わっているのではないでしょうか!

 

 

 

 

 


« 前のページ - 次のページ »

お問い合わせ